チェックポイント

育毛剤と薄毛治療薬

育毛剤と育毛治療薬、どちらにしても育毛がメインなのですが、この呼び名になっているのにはきちんとした理由があります。
薄毛は病気として認知されています。
病気である以上はそれを治すために薬が存在します。

それは厚生労働省により、効果がありますよと認められた薬になります。
今のところそれが、ミノキシジルとプロペシアとなります。
血管を拡張させる働きがあり、それが育毛にも効果を発揮してくれます。

毛細血管が拡張されることで血液の流れがよくなり、それが髪の毛を生やすことにつながるというわけです。
そして実際に効果が認められているものが薄毛治療薬として認知されます。
では育毛剤とは何かとなるわけですが、これは、ミノキシジル、プロペシアが配合されていませんが、何らかの仕方で育毛に効果的な働きをしてくれます。

ですから育毛剤に関しては個人差がかなりあり、長い期間使用して始めて効果が期待できるものがほとんどです。
薬ではないため、使ってすぐに効果が出ることはありません。
このように、育毛剤と、薄毛治療薬には大きな違いがあります。
購入の際に含まれる成分をしっかりと確認することが大切です。
育毛剤が薄毛治療薬に勝ることはないと考えてもらって間違いありません。

このページの先頭へ